日帰りバス さくらんぼ

日帰りバスツアーでのさくらんぼの狩りかた

日帰りバスツアーなどのさくらんぼ狩りを行なう農園では、低樹高栽培を行なって子供からお年寄りまで、自分で狩って食べられるようになっています、また手が届かない果実のために脚立が用意してありますので自由に動かして利用します。

 

また、園内は普通、雨よけのためハウスが作ってあるため、雨が降っても果実を狩れるようになっています。

 

果実の樹を選ぶ時は、葉が大きくて量の多いものをえらぶのがコツです、理由としては光合成が十分出来ることから、果実が濃い味になっています
さくらんぼは同じ種類の樹の同じ枝でも、花の咲く順番が違うことから、果実の熟し方も当然違います、

 

たとえ隣同士の果実でも同じ味ではないので、果実の色付きとハリとツヤに注意して狩ります。
さくらんぼの選び方のコツは、果実を日にかざした時、果実が透き通って中に網目があるのが、甘くておいしいです。日帰りバスツアーでのさくらんぼ狩りの時間は短いので樹の選び方が重要です。

 

新宿から出発する、7月の日帰りバスのさくらんぼ狩り

日帰りバスツアーの「群馬さくらんぼ狩り食べ放題&ブルーベリー摘み体験」
新宿発着で7月2日、7月4日、7月7日、7月9日があります。料金は4000弱です。
新宿駅西口を午前8時30分出発
―佐野プレミアム・アウトレット―さくらんぼ狩り30分園内食べ放題とブルーベリー摘み体験
―新宿駅西口午後6時30分到着予定

 

日帰りバスツアーの「群馬さくらんぼ狩り食べ放題と絶景白沢高原温泉入浴」
新宿発の7月5日、7月6日、7月12日、7月13日があります、料金は6500円弱です。
新宿発午前8時―谷川岳ドライブイン―群馬のさくらんぼ狩30分食べ放題
−吹割の滝−白沢高原温泉「望郷の湯」
―漬物処加作―新宿駅西口午後8時到着予定

 

さくらんぼ狩りは6月〜7月初旬がピークです。

スポンサーリンク