ローランペリエ

ローランペリエ社とは?

 

シャンパーニュ地方で1812年設立されました、創業者のエミール・ローランと妻のマチルド・ペリエの名前が社名になっています。ローランペリエ社はシャンパンハウスとして世界で5本の指に入る程の規模を誇り、ローランペリエ社のシャンパンは世界の120ヶ国を超えて飲まれています。また、ルレ・エ・シャトー(ホテル・レストランの会員組織)のオフィシャルシャンパンに採用されています。辛口を特徴とした繊細でエレガントなシャンパンとして人気があります。
シャンパンのブドウは
ローランペリエに代表されるシャンパンはフランスのシャンパーニュ地方で収穫されるブドウだけを使用しています。

 

シャンパンは黒ブドウと白ブドウを混ぜて造るのが普通です。中には黒ブドウのみ、または、白ブドウのみで造ったシャンパンもあります。一般的には黒ブドウで造ったシャンパンはコクのある味で、白ブドウで造ったシャンパンは繊細な味わいが特徴です。

 

ブラン・ド・ノワールは黒ブドウだけを使用したもの。ブラン・ド・ブランは白ブドウだけを使用したものです。黒ブドウは「ピノ・ノワール」と「ピノ・ムニエ」、白ブドウは「シャルドネ」の3種類しか使用できません。
ローランペリエ社のシャンパン
ローランペリエのブリュット 750mlは、55もの畑からのブドウをブレンドして、3年間熟成させたあとに2次発酵後6ヶ月寝かせてから商品として出されるシャンパンです。

 

セバージュ:シャルドネ45%、ピノ・ノワール40%、ピノ・ムニエ15%

 

ローランペリエのキュヴェ・ブリュット・ロゼ 750mlは、ピノ・ノワールを3日間漬け込んだピンク色のシャンパンです、4年間熟成された、フルーティーでまろやかな味覚のシャンパンです。

 

セバージュ:ピノ・ノワール100%

 

楽しいお祝いのときのシャンパンは美味しいのが良いですね

スポンサーリンク