パートタイマー 助成金

パートタイマー均衡待遇推進助成金とは?

パートタイマーについて、正社員と共通の待遇制度・能力・職務に応じた待遇制度・正社員への転換制度・短時間正社員制度・教育訓練制度・健康診断制度等の導入といった均衡待遇に向けた取組に努める事業者を支援する助成金です。支給を申請できる事業主は労働保険適用事業主であることが条件です。制度を設けてから2年以内に対象者が出たときに1回目を支給、その対象者が6ヶ月後に継続して雇用されている時に2回目の助成金が支給されます。

 

助成金の支給メニューの説明

1)正社員と共通の待遇制度の導入は:仕事や能力に応じた待遇について、評価・資格制度を設けて、実際に格付けされたパートタイマーが1名以上出た場合、1回目25万、2回目25万の助成金が支給されます。

 

2)パートタイマーの能力と職務に応じた待遇制度の導入は:仕事や能力に応じた評価と資格制度を設けて、実際に格付けされたパートタイマーが1名以上出た場合、1回目15万、2回目15万の助成金が支給されます。

 

3)正社員への転換制度の導入は:正社員へ転換する試験制度を設けて、パートタイマーから実際の転換者が1名以上出た時に1回目15万、2回目15万の助成金が支給されます。

 

4)短時間正社員制度の導入は:制度を設けて、パートタイマーに実際に短時間正社員が1名以上出た時に1回目15万、2回目15万の助成金が支給されます。

 

5)教育訓練制度の導入は:正社員との均衡を考慮した制度を設けて、パートタイマーに述べ30名以上実施した時に1回目15万、2回目に15万の助成金が支給されます。

 

6)健康診断制度の導入は:雇用時健康診断、定期健康診断、人間ドッグ、生活習慣病予防診断の制度を設けて、パートタイマーにその受信者が1名以上出た時、1回目15万、2回目15万の助成金が支給されます。

 

支給のメニューは1事業主当り一度限りです。

スポンサーリンク