航空機 予約

航空機の予約について

私自身旅行することが大好きで、よくいろんなところに足を伸ばしているのですが、最近では今現在韓国に留学しているということもあって、航空機をよく予約します。航空機の予約は、主にネット上で出発都市と到着都市、日付から検索をかけて予約するのですが、航空機の予約をするにあたって気をつけることが一つあります。

航空機予約の際の落とし穴

航空機の予約をするにあたって、検索結果として航空券の金額が出てきますが、これだけで金額が安い!と感じるのは安直です。僕が良く見ている航空機予約サイトを含め航空機予約サイト全般に当てはまることなのですが、燃油サーチャージという別途料金に加えて、現地空港税なども含めたトータルの金額が、検索結果の料金時には表示されません。よく「○○行き 2泊3日 20000円!!」とかいう広告もありますが、ほとんどが上記追加料金が付加されていないので、確実にプラスα(少なくとも10000円くらい以上)の出費が確実です。

 

以上の点をも確認したうえで、航空機予約完了!と思いきや、まだ航空機の予約は完了していません。お金を振り込む必要があります(笑)ほとんどの場合は、各種銀行に直接振り込むかたちで支払うか、カードからの引き落としになります。私はいつも直接振り込んでいます。

 

また、航空機の予約で私がおもしろいなぁと思ったものにはEチケットという制度があります。全ての航空機予約サイトでこのEチケット制度を採用しているとは言いがたいですが、このEチケットとは、なんとパソコンのメールで受け取ることができるチケットのことを指します。もちろんこのEチケットは振込み完了後に送られてくるもので、実際に空港に行くときにはプリントアウトをして持っていくことが必須です。とはいえ、本当に万が一プリントアウトを忘れたとしてもEチケットの特性上メールさえ残っていればプリントアウトすることも可能なので便利な制度だと私個人的には思っています。

スポンサーリンク