アメリカ 医療保険

アメリカ 医療保険

アメリカに旅行したことありますか?お腹が痛くなったときに病院に行きましたか?

 

私は我慢しました!アメリカは医療保険が無いから高額の医療費を請求されると脅されていたものですから、

 

まあ、日本から持っていった薬が効いたので助かりましたが・・。

 

 

今度、旅行した時の為にアメリカの医療保険を調べてみました!

 

アメリカでは国民のほとんどが、民間の医療保険を利用しているそうです、多くの場合、企業が福利厚生の一環として、従業員とその家族を対象として導入しているみたいです。

アメリカの医療保険と日本の医療保険

やっぱり、アメリカの医療保険制度は、日本とは違いますねー、

 

日本の場合は、国民の全員が加入する医療保険と公的な医療保険の給付を補填する民間の保険がありますから・・。

 

本当に、アメリカには公的な医療保険が無いの?国が広すぎるから?多種多様な人の集まりだから?

 

ありました!アメリカにも公的な医療保険があります。

 

日本のような全国民を対象とした医療保険ではありませんが、65歳以上の高齢者を対象とした国から発行される医療保険と、各州で発行されている生活困窮者用の医療保険です。

 

 

 

でも、アメリカ大統領の選挙戦で医療保険制度が話題になっていました、どうしてでしょうか?

 

アメリカでも格差社会の広がりや貧困層の増加が問題になっています。

 

民間の医療保険は企業毎の加入なので、企業に勤務していなけれ医療保険にも加入できないですよねー

 

民間の医療保険には入れないアメリカの人はどうするのでしょうか?

 

アメリカの公的な医療保険は65歳以上か、生活困窮者を対象にした医療保険の他に、保険料を支払うことが出来ない低所得者には国や州などの無料の医療保険があるそうです。

 

でも、アメリカでは低所得レベルには達しないが、民間の医療保険の支払をする余裕の無い「非保険加入者」が、アメリカ全体に3000万人近くいるそうです。

 

只、保険に加入していない人のためにも、無料で医療サービスを提供する医療機関はあるそうです。安心しました!

スポンサーリンク